仮想通貨取引所『Zaif』を1年間使ってみてわかったこと

こんにちは、アラショーです。

coincheckには口座開設してるけど、まだ他の取引所には口座開設していないよ!って方多いんじゃないでしょうか。

今回は、私がお勧めする仮想通貨取引所、Zaifのメリット・デメリットを紹介します。

  Zaif取引所のメリット

Zaif取引所のメリット ~手数料の安さ~

まず、1番のメリットは手数料の安さだと思ってます。

上の表をみていただけるとわかるように、taker(成り行き注文)は手数料0.1%がほとんどで、maker(指値注文)に関しては手数料無料、ビットコインの売買に関してはマイナス手数料です。

マイナス手数料というのは、売買したぶんだけお金がもらえるという意味です。例えば、ビットコインを指値注文(maker)で百万円分購入したとします。そうすると、

1,000,000 × 0.05/100 = 500

つまり、500円分手に入ります。

手数料を取られるどころか、お金をもらえるという点で私の中でかなり評価が高いです(笑)

らいおん君
僕、仮想通貨始めたばかりだからZaifの手数料が本当に安いのかわからないなあ。他の取引所もそんなもんでしょ?

じゃあ、ここでcoincheckの手数料を見ていきたいと思います。

coincheckでのビットコインの手数料は0%です。

でも、アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)の手数料がかなり高いです。

実は今日、coincheckでリップルを約9万円分購入しました。

この時、1XRP = 30.9円でした。しかし、上図を見ればわかるようにリップルを購入できる価格は1XRP = 31.9円であり、約1円ほど上乗せされた値段で購入する必要があります(これがかなりきついw)

簡単にいうと、購入時に手数料が3%(2873円分)も取られているわけです(売却時も同様)

そのため、coincheckで売買したら、それだけでかなりのお金を持っていかれるわけです。

そういう点を考慮すると、Zaifの手数料は破格の値段です(Zaifサイコー٩( ᐛ )و

これから急上昇が期待されるBCHなんかもZaifで買えます。手数料が破格なので新規口座開設したほうが良いとおもいます。

Zaif取引所のメリット ~Zaifコイン積立~

Zaif取引所の特徴として、「Zaifコイン積立」があります。

Zaifコイン積立では、毎月固定額を自動で引き落とすことができ、ご希望の金額を積み立てすることができます。

Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」という投資の手法によって積み立てています。

相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と、安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。

  Zaif取引所のデメリット

Zaif取引所のデメリット ~サーバーダウンすることがある~

Zaifでは通貨が爆上げ・爆下げした時などのお祭り時に、サーバーがダウンしたり注文がなかなか通らないといったことがあります。

これが結構致命的で、サーバーダウンにより被害を被ることも割とあります。

この点ではcoincheckの方が圧倒的に優れてます(サーバーダウンしたの見たことないw)

https://arasho.net/coincheck

Zaif取引所のデメリット ~資金不足により信用取引ができないことがある~

Zaifでは、信用取引でレバレッジ最高7.77倍かけれることができます。しかし、Zaifでの信用取引はお勧めしません。なぜなら、資金不足で注文が通らないときがしょっちゅうあるからです。(これが結構なストレスw)

そのため、信用取引ならbitflyercoincheckでやることをお勧めしますよ!

以上、これらが僕が思うZaif取引所のメリットとデメリットでした。

Zaifはビットコイン信用取引には向かないけどアルトコインの売買なら絶対Zaifがおすすめです。

↓ ここから登録できます(゚∀゚)