未分類

[徹底解説]VALUを実際やってみて分かったこと

こんにちは、アラショーです。

みなさん、VALU(バリュー)って知ってますか?簡単に言うと、

仮想通貨版クラウドファンディングです。

VALUは最近、ヒカルVALU騒動で社会問題となったことで多くの人に認知されるようになりました。このことから、「VALU = 危険」と短絡的に結びつけてしまっている人々も少なからずいるでしょう。

しかし、バッドニュースを一面的に捉え、「VALU = 危険」だと決めつけてしまうのは、思考停止状態と言えるでしょう。(その方がよっぽど危険ですw)

 

そういうわけで、今日は、VALUを全く知らない人にもわかりやすく解説していこうと思います。また、最近VALUを始めた僕が、実際VALUを使ってみて分かったことをまとめていこうと思います。

  VALUとは、”自分の価値” を売買するサービス

VALUとは、”自分の価値” を仮想通貨でトレード売買できる仕組みです。

らいおん君

ってことは、その人自体に価値がないといけないの?芸能人とかならその人自体に価値があるけど、一般人はどうやって自分の価値を提供できるの?

実は、一般人でも価値を提供ができる仕組みになってます。その方法は「優待」にあります。

 

例えば、仮に絵を描くことが好きな「御絵描 旨太郎」さんがいたとしましょう。

その人は、優待を次のように設定しました。

そして、御絵描さんは最初の売り出し価格を1VA = 1000円限定100名様に売り出したとします。もし、100名の人がそれぞれ1VAずつ買ったら、

1000円(= 1VA) × 100人 = 10万円

それだけで、10万円分の資金調達を可能にします。

 

ここまでなら、ただのクラウドファンディングですが、VALUが面白いのはそのVAを売買できるところです。

例えば、御絵描さんの絵が評価されて、御絵描さんの絵を欲しい人がたくさん増えたとします。

そしたら、御絵描さんのVAの価格はどんどん上がっていきます。

仮に、初めは 1VA = 1,000円だったものが、1VA = 10,000円になったとします。

そしたら、御絵描さんのVA保有者は、新たに御絵描さんのVAを欲しい人に10,000円で売ることができ、その差分だけ利益がでるわけです。

 

  VALUは投機に向かない!?

らいおん君

じゃあさ、有名人が上場した時にそのVAをたくさん買って、価格が上がった時に売れば超儲かるんじゃない??

らいおん君は悪知恵が働くね笑

確かにそういう方法もあるけど、それは多少リスキーだよ。

なぜなら、VALUの取引は流動性が少ないんだ。

上の写真を見て欲しい 上は堀江貴文さんで下はイケダハヤトさんのVALU取引データです。

青色が売りたい人を表しているのですが、買いたい人(赤色が表記される)が1人もいないという状況になっています。彼らのVAを保有している方で、売りたくても買い手がいないために売れないという状況に陥っています。

つまり、投機目的で参入して、今後上昇が見込めそうな人のVAを底値で大量に仕込んでも、売り切れずに手元に残ってしまう可能性があるわけです。

 

さらに、VALUの利用規約に以下のように書かれています。

VALUは、利益を出す投資を目的としたサービスではありません。投資目的はお控えください。

それをはやく言えよ!ってライオン君に怒られそうですが、そういうことです。

らいおん君

それをはやく言えよ!

 

  それでもVALUは素晴らしい

VALUは投機での金儲けは向かないけど本当素晴らしい仕組みですよ。

VALUにアクセスして見てみたらわかりますが、みなさん面白い優待(猫写真の上手な撮り方を教ます、とか、ツイッターのアイコンを描きます!とか、ライブの無料招待をします!など)を用意していて、本当に楽しい世界です。まさにVALUワールドです(←よくわかってないw)

 

ここからは僕の考えですが、VALUというよく分からないサービスに「これ、よく分からないけど、面白そうだからまずはやってみよう!」って始めた人が集まってるわけですから、人としておもしろい人達がVALUに集まっていると思います。

ですから、そういう面白い人々と実際に会ってお話したりすることも、自分の人生において大きな価値を生むのではないかと思います。

 

なんと!今ならここから登録すれば最大5,000円のビットコインが
もらえる期間限定キャンペーン中!!
使いやすく、初心者の方にオススメの仮想通貨取引所。僕もここから投資を始めたよ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ABOUT ME
arasho
こんにちは