Triggers(トリガー)のポテンシャルが高すぎる件について。

こんにちは、アラショー(@arasho_risktake)です。

今回はTriggersのポテンシャルが高すぎる件について書いていこうと思っています。

Triggersって何?って人は下の記事必読

[注目銘柄] Triggers (トリガー)とは!? 予想価格は今の8倍!!
こんにちは、アラショーです。今回はTriggersについて紹介していきたいと思います。Triggersとは「スマートガン」の開発をする上で欠かせないブロックチェーン技術です。スマートガンは銃社会であるアメリカで需要があり、Triggersもスマートガンの需要とともに価格上昇が見込めると考えられます。

 1500TRIG保有で月利25% の報酬がもらえる!?

Triggersのやばいところは月利25%のマスターノード。

1500TRIGを保有すれば1つのマスターノードが建てられます。

マスタードノードを建てると月利25%で報酬がもらえ、その報酬はAMMOでもらえます。(AMMOとはTRIGのサブトークンらしいです。)

つまり、月に一回、1500TRIGに対して375AMMOがもらえます。

そして、次が最も注目すべき点です。

The price of AMMO will be 25% of Triggers (TrigX)

(AMMOの値段はTriggerの25%になる)

つまり、現在1TRIG = 150円。AMMOがTRIGの25%の価格だとすると1AMMO = 37.5円

1500TRIGにつき375AMMOもらえるので、37.5 × 375 = 14000円。

月に14000円もらえます。

もちろん、複数のマスターノードを所有すれば、14000円×マスターノードの数 = 報酬。

という計算になります。

これってかなりやばくないですか??笑

例えば今は1TRIG = 150円程度ですが、1TRIG = 1000円、10000円になったら1つのマスターノードで月に10万、100万もらえる計算となります。

普通に考えて頭のネジぶっ飛んでますよね??

僕も最初はびっくりしました。でもこういう通貨が実際にあるんです。

ちなみに発行枚数は32,105,578 TRIG。たった3000万枚です(笑)

じゃあ、実際、プロジェクトはうまくいってるの?

ただ報酬が高いだけでTRIGの需要はあるの?

って思うかもしれませんが最近TRIGに追い風となるニュースがありました。

 トランプ大統領が7000億ドルの支援を認可

トランプ大統領がサイバーセキュリティ研究に7000億ドルの軍事費用法案に署名。

アメリカ政府もこのプロジェクトを応援しているということだね。

 Trigger(トリガー)1月大手取引所2つに上場!!

現在、Bittrexに上場しているTriggersですが1月に新規上場することが決まっています。

しかも、上場先は世界の取引所の取引量トップ5の中の2つに上場します。

これはかなりの好材料です。短期的に見ても長期的に見ても買い集めたくなります(笑)

ちょうどブログ書いているいまも徐々にいい感じで上がってきていて、1月が楽しみになる値動きです。

『速報』

BIttrexでしか買えなかったTRIGがバイナンスに上場しました!!!
バイナンスで買うことが可能です。バイナンス登録してない方はこちらから🔽

 まとめ

Triggers(トリガー)は調べれば調べるほど良いな〜ってなります。

まだ取引量も少なく知らない人も多いので、今のうちに買い集めれるだけ買い集めていこうと思っています。

マスターノード建てまくってみたいと思います(笑)

  ブログランキング

「Good job」と思ったら温かいクリックお願いします( ´∀`)

Twitterもやってるよ!
たまにおすすめ銘柄呟きます。

  おすすめ仮想通貨取引所

Zaif

Zaifのメリット・デメリット記事はこちら

仮想通貨取引所『Zaif』を1年間使ってみてわかったこと
仮想通貨取引所『Zaif』を1年間利用してみてわかったメリット・デメリットを紹介。スプレッド(手数料)は他の取引所と比較してどうか?取引所の使いやすさはどうか?信用取引のレバレッジは何倍で取引できるかなど、初心者にもわかりやすくまとめて見ました。

Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Coincheckについての記事はこちら

https://arasho.net/coincheck/

コメント