segwit2x問題でビットコインキャッシュが覇権を握る可能性

segwit2x問題が控えている11月。おそらく激動の11月になると思われます。

今回の記事では11月のsegwit2x問題(ビットコインのHF)によってビットコインキャッシュが覇権をとりうる可能性についてわかりやすくまとめていきたいと思います。

  ビットコインのスケーラビリティ問題

 segwit案

ビットコインは以前から「スケーラビリティ問題」が課題とされてきました。ここでいうスケーラビリティ問題とは、ビットコインの取引データの処理能力の問題です。

ビットコインを取り扱う人の増加に伴い、従来の処理能力では取引データの承認が間に合わず未承認の取引データが大量発生し、なかなかビットコインの送金がされないといった問題が起こっていました。

もちろん、ビットコインの処理能力の遅さは今後社会に普及していく過程で致命的なものです。

そこで、その対策案として生まれたのがsegwitです。(segwit2xとは別物)

segwitとは取引データを圧縮することによってスケーラビリティの問題をクリアしようとするものです。

ビッグブロッグ案

segwitはマイナー(採掘者)にとって嬉しいものではありませんでした。なぜなら、segwitが搭載されると巨大マイナーグループBitmain社の必殺技である「Asic Boost」が使えなくなるからです。

「Asic Boost」とはマイニングの計算能力を向上させる機械です。Bitmain社にとって「Asic Boost」が使えなるとマイニング報酬が以前よりも少なくなる可能性があります。

そこでBitmain社のJihan wu(ジハン ウー)はブロッグサイズを1MBから2MBに引きあげるビッグブロッグと呼ばれる提案をしました。

しかし、ビッグブロッグをアップデートしてしまうとブロックチェーン自体を書き換えないといけなくなるため、前のブロックチャーンとの互換性が失われます。それは大きなデメリットです。

segwit派とビッグブロッグ派の長期にわたる様々な議論が進められた結果、ビットコインにsegwitが搭載されました。

ビッグブロッグ派のJihanは「Asic Boost」が使えないビットコインなんてつまんねーってことで、ビットコインを分裂して自分に都合が良いビットコインキャッシュ(BCC)を作りました(もちろん、Asic Boostが使える。)

これで、segwitは搭載され、ビットコインのコア派にとって邪魔だったJihanもいなくなったしビットコインは安泰だ〜、めでたし、めでたし。。。。

と、誰もが思っていました。

しかし、今までの戦いは11月に待ち受けるHF(ハードフォーク)の前哨戦に過ぎなかったのです…..

  segwit vs segwit2x

※ここからはsegwit = S1X , segwit2x = S2Xとします。

一見落着したと思われたsegwit問題でしたが11月にS2Xが誕生する可能性が濃厚となっています。

segwit2x[S2X]

S2XとはS1Xのブロックサイズを2MBにするという提案です。つまり、S1Xで取引データを圧縮したものをS2Xでさらにブロックサイズを大きくするというものです。

しかし、S2Xには以下の問題点があります。

1 開発者が一人しかいない。
ビットコインの開発者は400人在中しているのに関わらず、segwit2xはたった1人しかいません。草コインの開発者でさえ1人というのはありえません。
2 開発がほとんど進んでいない
テストコードがほどんどなく、開発が進んでないものと思われます。また、ホワイトペーパー(仕様書)はたった4行ですw
3 リプレイアタック問題
リプレイアタック問題のsegwit2xの大きな欠陥です。詳しくはこちら

こんな薄っぺらで開発も進んでいないS2Xが採用されるはずないでしょ?と誰もが思うかと思いますが、事実マイナーのほとんどがS2Xを支持しています。

NYAがsegwit2x支持派(10/28 現在)

らいおん君
なんでS2Xが支持されてるの? 笑うわw

私も最初はそう思いました。

でも、いろいろ調べていくうちにJihanのあまりにも恐ろしい(賢い)戦略がみえてきました。

  ビットコインキャッシュ(BCC)が覇権を握る!?

もしS2Xが採用されたらどうなるか一緒に考えてみましょう。

S2X分裂はこれまでの分裂と訳が違います。

マイナーのほとんどが賛成しているS2Xが採用されると、S1Xのマイニングパワーが少なくなります。ただでさえ、取引データの承認作業の遅延が問題視されている中でマイナーがS1Xを掘らないとなると、承認作業の大幅の遅れが出てしまいます(最大3ヶ月)。

つまり、ビットコインを送金するために3ヶ月待つ必要があります。

らいおん君
そんな待ってられないよ(笑)

その通り、送金に3ヶ月もかかる通貨なんて誰も使わなくなります。

つまり、S1X(今のビットコイン)の大暴落が起こりほとんど価値がつかなくなる可能性があります。

マイナーもS1Xを掘っても報酬がほとんどもらえなくなるため違うコインを掘ります。その退避先がビットコインキャッシュ(BCC)です。

らいおん君
え?なんで? S2Xを掘ればいいんじゃない?

S2Xはさきほど述べたように、大量の問題点が存在しています(ってかわざとそういう仕様にしている可能性がある)

そんなS2Xに価値がつくはずがありません。

S2Xに価値がつかなければマイナーも掘る意味がなくなります。

ってわけで現在暗号通貨で2番目に時価総額が高いビットコインキャッシュ(BCC)を掘るのが自然な流れです。

これがJihanが考えるS1Xを大暴落させて自分が作った通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」を王座に君臨させるシナリオでしょう。そして、それは現実味を帯びてきています。

  まとめ

このシナリオ通りに行けばビットコイン神話が崩れ11月のHFを機にビットコインキャッシュが覇権を握る可能性があります。

これはあくまで、こういうことが起こりうる可能性があるという話です。S1XとS2Xの壮絶な戦いは始まったばかりでどうなるかは誰もわかりません。

今後とも11月のHFについて情報を追い、随時ブログを更新していきたいと思います。

↑↑この記事いいなと思ったらクリックお願いします!「クリックしたよ!」ってTwitterで言ってくれたら全力で「ありがとう」っていいますw

なんと!今ならここから登録すれば最大5,000円のビットコインが
もらえる期間限定キャンペーン中!!
使いやすく、初心者の方にオススメの仮想通貨取引所。僕もここから投資を始めたよ!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin